コレステロールを下げるサプリの口コミ

肝臓とコレステロールを下げるのとでは何か関係ある?

投稿日:

肝臓とコレステロールを下げるのとでは、大きな関係があります。

それは、体内で作られているコレステロールの約7割が、肝臓で作られているからです。

私たちの体の中のコレステロールは、体内で合成されて作られているものが約8割で、後の2割が食品から摂取したものだとされています。

つまり、体内で合成されているコレステロールのほとんどが、肝臓によって作られているのです。

その為、肝臓の機能が悪くなると、コレステロールの調節機能が上手に働かなくなります。

すると、血液中のコレステロールの値も高くなってしまうのです。

コレステロールの値を下げる為には、一般的に運動や食事療法が挙げられます。

けれど、実は肝臓にも大きな関係があったのですね。



コレステロールを下げるには肝臓を元気にした方がいい?

コレステロールを下げるには、肝臓を元気にした方がいいでしょう。

肝臓は、「沈黙の臓器」とも呼ばれているように、多少の障害が出ても自覚症状はありません。

その為、肝臓の異常が発見された時には、既に手遅れだった、といった事も少なくないのです。

肝臓は、体内のコレステロールの調整を司っている、重要な臓器のひとつです。

その肝臓を元気にする事で、血液中のコレステロールを下げる事も十分に可能なのです。

肝臓を元気にする為には、暴飲暴食を避け、野菜や海藻、きのこ類を積極的に食べるようにします。

また、牡蠣やアサリ、しじみ、イカといった、タウリンが豊富な食品を食べる事もおすすめです。

アルコールの摂取量も、肝臓の機能に大きく関係しますので、ほどほどにするようにしましょう。



コレステロールを下げないと肝臓はどうなる?

コレステロールを下げないと肝臓はどうなるかと言うと、最悪の場合、脂肪肝となってしまいます。

脂肪肝は、その症状が進む事によって肝硬変や肝臓がんへと進行する可能性がある、重大な症状です。

また、脂肪肝を発症する事によって、さまざまな生活習慣病のリスクも高くなる事が判っています。

まず、脂肪肝とは消費されなかった脂肪酸やブドウ糖が、中性脂肪として肝臓に残っている状態の事を言います。

これは、アルコールの過度な摂取が原因である事が知られていますが、その他にも運動不足や食べ過ぎ、飲み過ぎ、肥満、そして無理なダイエットも原因として挙げられていますので、注意が必要です。

脂肪肝になってしまうと、肝臓の機能を正常に戻す為に、かなりの時間を要すると言われています。

そうならない為にも、普段から肝臓とコレステロールの関係に気を配って、肝臓をいたわる生活をするようにしてくださいね。

-コレステロールを下げるサプリの口コミ

Copyright© コレステロール下げるサプリの口コミ|こんなサプリは選んじゃダメ! , 2017 All Rights Reserved.