コレステロールを下げるサプリの口コミ

油でコレステロールを下げる事ができるってホント?

投稿日:

油でコレステロールを下げる事ができると言うのは、ホントです。

油と聞くと、それだけで血管が詰まって反対にコレステロールの値が上昇しそうなイメージがあると思います。

その為、油で揚げている唐揚げやフライといった食べ物を避けたり、油を使わないヘルシーな食事をしたりしている方も多いでしょう。

けれど、油にはコレステロールの値を上昇させる油と、コレステロールの値を下げる事ができる油とに分かれているのです。

それは、脂肪酸の種類が関係しています。

脂肪酸には、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2種類があり、その中の不飽和脂肪酸は更に、トランス脂肪酸、オメガ9、オメガ6、オメガ3といった種類に分類されます。

この、不飽和脂肪酸である、オメガ9、オメガ3に 中性脂肪やコレステロールを下げる働きがあると言われているのです。

もちろん、いくらオメガ9、オメガ3の油だからと言って、摂り過ぎはいけません。

ただ、上手に使用する事によって、揚げ物などの食事もコレステロールを気にせず、美味しく食べられるようになるでしょう。



コレステロールを下げる油の種類ってどんなの?

コレステロールを下げる油の種類は、以下のような油です。

・オリーブオイル
・キャノーラ油(なたね油)
・青魚の魚油
・えごま油(しそ油)
・亜麻仁油(フラックスオイル)

オリーブオイルに多く含まれているオメガ9のオレイン酸は、悪玉コレステロールを下げる働きがある事が判っています。

ただ、オリーブオイルを加熱すると有害なトランス脂肪酸を生成しますので、料理に使用する際には注意が必要です。

また、安いものは既に酸化が進んでいたり、大豆油が混ざっていたりする事がありますので、本物のエキストラバージンオリーブオイルを選ぶようにしてください。

キャノーラ油(なたね油)も同じようにオレイン酸を含んでいますので、悪玉コレステロールを下げてくれますので、揚げ物をする際には、キャノーラ油を使用するといいでしょう。

青魚の魚油は、オメガ3のEPA、DHAがコレステロール値の低下や血流の改善に効果があります。

えごま油(しそ油)や亜麻仁油(フラックスオイル)に多く含まれているα-リノレン酸も、悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増加してくれます。



コレステロールを下げる油はどれくらいの期間続けた方がいいの?

コレステロールを下げる油は、どれくらいの期間続けた方がいいかと言うと、できる限りは続けるようにしてください。

せっかく、使う油の種類を変えてコレステロールの値が下がっても、また以前と同じ油に戻してしまっては、同じ事の繰り返しです。

続けられるのであれば、そのままオメガ9やオメガ3の油を使い続けてください。

ただ、どうしても油の味が好きではなかったり、経済的な問題だったりする事もあるでしょう。

そのような場合には、油ではなく、食事の改善に力を入れてください。

青魚を多く食べるようにするだけでも、同じような結果が得られると思いますよ。

-コレステロールを下げるサプリの口コミ

Copyright© コレステロール下げるサプリの口コミ|こんなサプリは選んじゃダメ! , 2017 All Rights Reserved.